忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018年10月23日  23時40分
スターウォーズ:エピソードⅠ~Ⅵ(一部気持ち悪い表現有)
CATEGORY : [映画]
全作見てきました。え?早いって?
そりゃあ、一日2作のペースで見たからね☆
もうハマると、ものすごい勢いで続きが気になるからね、しょうがないね。

●エピソードⅣ~Ⅵ感想
ルークたんかわいいよおおおおおおおおお!!!!!ペロペロペロペロ
ブロンドがかった髪に、おめめがパッチリしててすらっとした細身のスタイルで足が長い。
ぎゃわい”い”い”いいいいいい!!!(*´Д`)ハァハァ

もうとにかくその一言に尽きる。
最近ガチムチおっさんばっかりハマってたから、ルークたんみたいな中性的で若い子に傾いてます。いや、ブルースも好きだよ。
画像貼っていい?いいよね?

やはり4が一番天使。パドメさんとどっちが天使っていわれたらワイはルーク・スカイウォーカーを選ぶね。

あ、ざっくりとした内容は、
4(新たなる希望)でジェダイの騎士として選ばれたルーク・スカイウォーカー。
彼は(オビワン)ベン=ケノービ、ハン・ソロ、R2-D2、C3POらとともにレイア・オーガナ姫を助けるためいきなり帝国に向かいます。そこで、ダースベイダーと会うことになります。ルークの活躍で、巨大な敵地であるデス・スターの半壊に成功する。
5(帝国の逆襲)ではルーク・スカイウォーカーの存在を危険視し、今度は帝国がルークを探し出そうと仲間を襲います。ここら辺でダースベイダーの上司皇帝の存在も明らかになります。ルークは偉大なるジェダイの騎士であるヨーダの元を訪れ、フォースの使い方を教わり修行します。初対面した時ヨーダがジェダイの素質があるかどうか演技で試すんですがそれがかわいい。修行中にルークが着ている衣装になりたい。彼の体を包み込みたい。彼の汗を吸い込みたい。生まれ変わったら、ルークの衣装になるわ。(真顔)最後の対決でダースベイダーとルークがまさかの親子という事実。
6(ジェダイの帰還)では、ダースベイダーと皇帝がルークを暗黒面に堕とそうというエロい展開。(エロくねえよ)関係ないけど、近親相姦ものって萌えるよね。親子丼+皇帝も追加で。(何言ってんの?この人。)それでも悪の誘惑に屈しないルーク。好き。めちゃくちゃにしたくなる。
ルークが皇帝に殺されそうになって皇帝を止めるか、息子を見殺しにするかお父さんが迷うシーンがあるんですが、そこがかなり長い。お前いつまで悩んでんだよ!って見たときは思いましたが、Ⅰ~Ⅲをみた後ではアナキンにとって皇帝も、あんな悪いやつだけど父親のように慕ってたからそう簡単に判断できなかったんだね。なんだか切ない。でも喘いでるルークはめちゃくちゃエロかったよね。私的にもこれは悩みどころだとは思う。
でも、あんなに苦戦していたというか強い強い言われてたダースベイダーと皇帝は意外とあっさり死んじゃった。というか、ルークの主人公補正が強すぎ?結局大した修行してなよね。
最後の最期でダースベイダーことアナキン=スカイウォーカーは悪の道から目を覚まします。

●エピソードⅠ~Ⅲ
こちらのほうが2000年代に作られただけあって、映画の中では過去編ですが、映像に未来感があって綺麗です。ライトセーバーでの殺陣も整っています。
Ⅰ(ファントム・メナス)では、アナキン・スカイウォーカーの誕生を描いています。
父親がいないという異例の環境で、生まれたアナキンは母親と奴隷として生活していたが、たまたまクワイ=ガンとオビワン=ケノービの二人のジェダイと出会う。二人はアナキンの類まれなる才能と強力なフォースを確信し、ジェダイになることを勧める。幼いながらも、アナキンはポッド・レースで優勝し、奴隷から解放される。しかし、母親は解放できなかったため、彼女を置いて、ジェダイの騎士になるため故郷であるタトゥイーンを去る。
Ⅱ(クローンの攻撃)は、それからかなり月日が経って、イケメンになったアナキン。
パドメが好きで好きで執着しまくり。Ⅱは正直つまらなかったのであまり覚えていないんですが、自分は成長して、才能があるにもかかわらず、未だパダワン(弟子)という地位に納得がいかない。そんななか、母親が亡くなる夢をみた彼は、タトゥイーンを訪れる。しかし、タスケン・レイダーに連れ去られていた彼女は亡くなってしまう。怒りが頂点に達っしたアナキンはタスケン・レイダーを皆殺しにしてしまう。順調に悪の道に進んで行ってますね。
Ⅲ(シスの復讐)は、シスがアナキンを狙って凄い勧誘してきます。
そしてまたもや夢で、パドメが出産の際に亡くなる夢を見る。夢を信じ、今度は失くしたくなかった彼は、シスから暗黒面に入れば死からも救うことが出来ると言われ、心が揺れる。
本当はいけないとわかりつつも、未だ独り立ちできないという不満や、周りに自分の理解者がいないという孤独感から彼はジェダイの道を捨て、暗黒面に堕ちることを決心する。
Ⅲは二転三転するのでめちゃめちゃ面白い。アナキンが暗黒面にどんどん入り込む度、私ニヤニヤ。シス卿もニヤニヤでワロタ。

Ⅰ~Ⅲの方が出来はいいんですけど、ルークたん出てこないからな~。
旧作の方が冒険譚って感じで、好き。

全部みたけど7のレイは新キャラなのか。これからどういう繋がりがあるのか楽しみ。

拍手[0回]

PR

2016年01月06日  21時31分
コメント[ 0 ]
<<熱いスターウォーズ語り(過度なネタバレ) | HOME |スターウォーズ:フォースの覚醒>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<熱いスターウォーズ語り(過度なネタバレ)| HOME |スターウォーズ:フォースの覚醒>>
忍者ブログ[PR]