忍者ブログ
ある女の子に恋した話。
CATEGORY : [日常]
女×女の要素を含むので隠します。
だいぶ前の話なので、もう記憶もほぼ薄れてあんまり覚えてないです。
なので恋した話なのに自分のことしか書かれていません。
それでもよければ。

中学の頃の話ですが10年経った今も夢に出てくるので書きたくなりました。
中学で女子バスケットボール部に入ってました。進学校だったので部自体は試合に勝つことはほとんどなく超弱小でした。
女バスのメンバーは本当に仲が良くて、今でも時々思い出すし、いい思い出でした。

私のポジションはセンターという、得点を入れる一番目立つしプレッシャーも半端ないところでした。当時は今より太っててどうみてもそんな役目じゃないだろと今思えばわかるんですが、当時は背が高い順で決めていたのでそうなのかー程度にしか思ってなかったです。

メンバーの中に一際背が高くて、すらっとした女の子がいました。
仮に「ゆうこ」とでもしときます。
ゆうこも当然センターで、一緒に練習したり、メンバーと一緒によく遊びに行ったりすることもよくありました。

私は本当にポンコツで練習ではそこそこ得点が入るのに、本番になると途端に外す。あとセンターのくせにレイアップシュートが苦手というもうホントにどうしようもないやつでした。本番に弱いし、そもそも競うことが嫌いなバリバリのゆとり世代なんです。まあ今だったらポジション変更とかコーチに頼んでもよかったのかなとも思ったんですが、当時から受け身でそんな考えは思いつきませんでしたね。そんなこともあり、私は一年で後輩にスタメンを奪われました。
中高一貫だったので、高校ではもう耐え切れずにやめました。
出来ないくせにプライドだけは高かったんです。今もだけど。

そんなポンコツな私と違ってゆうこはバスケットが本当に上手くて、たぶん高校までずっとスタメンだったんじゃないかな。
そんな彼女に恋してたんだと気づいたのは部活を辞めてからでした。
きっかけは高校になって文理分けるときだったかな。
彼女は理系で、私は文系。部活もやめたので接点が無くなってしまったんです。
人見知りで当時からあんま友達はいなかったので当然、理系に友達もいるはずもなく、
というか、いたとしても行かない。気が向けば彼女が気になってちらっと教室を覗いたりしてて、あれ?なんでこんなことしてるんだ?って思ったらあ、ゆうこのことが好きなんだって思いついたんです。

彼女はスタイルがいいだけじゃなくて、顔もかわいいというよりかは美人で、性格も女の子っぽくもないけどサバサバもしてない。なんだろう・・・淡々としてるっていう言葉が一番しっくりくる。そんな感じの子でした。
一緒に練習すると結構近くてドキドキしてたり、苗字が一緒の文字で始めるので理科の実験とか一緒の班になることがほとんどでよく話してましたね。

部活を辞めて唯一後悔したことは、ゆうこの家で女バスのみなさんがパーティーしてたことかな。行きたかったわ。フェイスブックで知りました。
でも練習と合宿がガチできつかったから、辞めてよかったと思う。お前には向いてなかったんだよと。

全然話まとまってないけど、こんな感じです。
なんかすっきりした。いつまでも夢に出てくるんだよなー。
それだけ楽しかったんだろうな。もう連絡先もわからないし、会うことはない。
仮に会ったとしても向こうはうちのことなんて忘れているだろうし、何とも思ってないから言えるわけもないよね。

拍手[0回]

PR
2016年07月13日  15時41分
コメント[ 0 ]
<<ペンタブ買ったよ | HOME |近況>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<ペンタブ買ったよ| HOME |近況>>
忍者ブログ[PR]