忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018年10月24日  00時01分
アメコミまとめ
CATEGORY : [アメコミ]
SUPERMAN LAST SON


メトロポリスに謎の飛行物体が降ってくる。その中に入っていたのはクリプトン人の少年だった。政府はその子を調査し、洗脳させようとする。それを避けるため、ロイスとクラーク・ケントはその子をクリストファーと名付け養子にするが、少年の後を追って、ファントムゾーンからジェネラルゾッドを含む囚人達が地球に侵略してくる。しかし、スーパーマンは彼らとの戦いでファントムゾーンに送られてしまう。彼は再び地球に戻り、人びとを救うことができるのか。

この話では私の好きなレックス・ルーサーが大活躍します。
初めて彼のつくった対クリプトニアンの武器が役に立つんです。
スーパーマンがルーサーのところに助けを求め、言い争ってるシーンがクッソ好き。(邦訳では110~111ページ)レックスの主張は正論だと思います。

その中の一部抜粋。
「クリプトン人から世界を救うことに異存はない。それが私の宿命だからな。だが、お前の仲間にはならん。お前が我々の仲間になるのだ。」
( >ω
< )くぅ~、ツンデレやな~。本当はうれしいくせに。

実際最終的に囚人たちを送り返したのはレックス先生のおかげなんやで。
やっぱ彼は地球のことをちゃんと考えてるいい人なんだよ(錯乱)
でも、終わりは何故か逮捕されて、新聞にもいいこと何一つ書かれてなくてこちらとしても遺憾であります。なんで?めっちゃ貢献したじゃん?不服だわ。

BATMAN THE CORT OF OWLS &THE CITY OF OWLS & NIGHT OF THE OWLS
     

梟シリーズ全3部作。
バットマンが悪の秘密結社・梟の法廷に立ち向かうお話。
どっちがゴッサムの支配者になるか勝負してます。(ざっくりしてんな)
嬉しかったのはロビンズが同じ時系列で存在していること。(ジェイソンもいるよ!!)
もう完全にファミリーじゃないですか。やったねブルース!!

本作に出てくるリンカーン・マーチがとにかくエロい。あいつ絶対ブルースのこと好きだよね。
もうなんか目線がいやらしいもん。ホモ特有の熱い視線が見どころ。
あと、マーチさんデカい。スープスよりデカいんじゃない?
ブルースと並ぶと見下ろす感じでなおGOOD!
とにかく恵体で嬉しいわぁ~。
別アースから来た弟もハンサムなウェイン家は今日も安泰です!!(キャラ崩壊)

メインストーリーは前二冊で、梟の夜は外伝になっています。
外伝の方は色々な絵師さんがイラストを描いています。
アマゾンのレビューでは色々な作風が見れてうれしいという意見もありましたが、私は正直絵の上手さも重要視してしまうので、ちょっと内容が入っていかなかった。
でも外伝の方はバットファミリーが勢ぞろいで、それぞれの戦闘シーンが面白いです。


SHAZAM!(魔法の守護者)



表紙がよかったので思わず衝動買いしてしまいました。買ってよかった。

あと、いい筋肉してるわ♥

シャザムの初登場はキャプテン・マーベルと呼ばれていて、元々はDCではなく別の会社(フォーセット・コミックス)が生み出したヒーローです。

何故現在はDCのキャラクターなのかは話せば長いし、詳しいことはこの本に書かれていますので是非買ってくださいね。この作品を翻訳されている女性の方が、シャザムの大ファンなので、彼女のシャザム愛が凄く伝わってきます。解説もわかりやすい。

大雑把にいうと、一時期はスーパーマン以上の人気を博していました。ですが、その人気に危機感を覚えたDCの理不尽な訴えにフォーセット・コミックスは負け、なくなくDCに引き渡した形です。
その際またいろいろあって改名せざるを得なくなった。そうした紆余曲折があって「シャザム」として現在に至ります。なんかちょっと歯がゆいですね。

DCのキャラクターとは違い、アメコミらしい明るくてスカッとする作風です。

話が長くなりましたが、あらすじです。長くて、あらすじになってないかも。
主人公は15歳の少年、ビリー・バットソン。彼の両親は消息不明で、幼い時から施設で育った。里親に引き取られても、反抗的な彼は問題ばかりおこすためすぐに送り返されていた。そんななか15歳の時バスケス夫妻に出会う。彼らはビリーを含め6人を養子を引き取り、本当の家族のように深い愛情を注いでいた。ビリーも次第に彼らに心を開いていく。

あるとき、地下鉄に逃げ込んだとき突然景色が変わり、一人の老人に出会う。
純粋な善を持つ人間を探し求めていたが、そんな人間はいないとビリーに諭される。
だが、ビリーにその資質を見出し、彼に魔法の力を授ける。シャザムの誕生である。

それと同時に悪の存在も目を覚ます。ブラックアダムがさらなる力を求め、七つの大罪とともにシャザムを見つけるため街に現れた。シャザムはどう立ち向かうのか!?

みたいなお話です。最後適当でごめんなさい。
私が書くと真面目な話なのか?と思われるけど結構コミカルで対ブラックアダムの時にもギャグシーンがあって笑えます。スーパーマンと違って、シャザムは「見た目は大人、中身は子供!」なのでちょいちょい仕草や言動が子供っぽくてとても可愛いです。

一番おもしろかったのはウィザードという老人がビリーに魔法を授ける時、
「だが、一度力を与えれば取り上げることは出来ぬ。…構うものか、もう時間がないのだ。他に手はない。」
とか言って、勝手に授けちゃうシーン。
ええ、もうちょっとなんなのか説明してよ。みたいなね。
まあ、私はシャザムにはなれないからな。悲しい。ムキムキになりたい。(ええ…)

あと個人的に書いておきたいから書いときます。
SHAZAMの名前の由来。
S!→ソロモンの知恵。
H!→ヘラクレスの剛力
A!→アトラスのスタミナ
Z!→ゼウスの万力
A!→アキレスの勇気
M!→マーキュリーの神速
ギリシャ神話を中心とする6柱の神々と英雄の頭文字。

ブラックアダムver
S!→シュウのスタミナ
H!→ホルスの神速
A!→アムンの剛力
Z!→ゼフティの知恵
A!→アテンの栄光
M!→メヘンの勇気
エジプト神話の6柱の神々の頭文字。

ああ^~、厨二心をくすぐられるんじゃああ^~

拍手[1回]

PR

2015年07月10日  12時07分
コメント[ 0 ]
<<Dawn of Justice & Suicide Squad コミコン版 | HOME |アルマゲドン>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<Dawn of Justice & Suicide Squad コミコン版| HOME |アルマゲドン>>
忍者ブログ[PR]