忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018年10月23日  23時50分
アメコミ感想 (修正あり)
CATEGORY : [アメコミ]
最近買って読んだアメコミをちょこっと紹介。

SUPERMAN:RED SON


スーパーマンの宇宙船がアメリカではなくてロシアに墜落していたらというIFの話。
いつものボランティア精神溢れるスーパーマンとは違って、ロシアの大統領になって政治にまで介入して世界を統一しようという征服者なスーパーマンさんです。完全に悪役ですね。

面白かったのはスーパーマンの有名ヴィラン、ルーサー。通常はレックスコープの社長で企業家。天才で自身の技術力と資産だけでスーパーマンと戦ってしまう普通だけどすごい人。(バカとか言わないであげて!!)
本作では野心家なのは相変わらずだけど科学者で引きこもり気味暗いけど、ちょっといい人。髪もふさふさww
何よりロイスと結婚してた。まあ、レックスカッコいいしな。
この世界でもやっぱりスープスと対立します。

ルーサーさんは最近そこまで悪い人じゃないんだなと学びました。あくまでスーパーマンを倒そうとしているだけだし、原因はルーサーだけど結果としては他のヴィランがスーパーマンと戦うみたいなこともよくあるしね。

スーパーマンのコミックだから油断してた。バットマンが出てきたの!!
 
バッツはぁ~ロシアの有名なモフモフの帽子(シャプカ)を被ってて・・・

ぎゃわい”い”い”----!!!
もうあそこの部分だけずっともふもふもふもふもふ!!!エンドレスでモフモフしていたい。

お気に入りのシーンはナックルを取り出すところ。

やさぐれたブルースもいいです。
ロシアは共産主義だから、ツケで支払いを済まそうとする(多分払わない)ブルースも見どころです!!

話は戻って、レッドサンに少し出てくるバットマンは無政府主義者でグリーンランタンは特殊部隊だったりと面白いです。

レッド・サン版グリーランタンはこんな感じ。


あとなによりこの話は最後のオチが面白いです。
「ああ~言われてみれば、そういうのも話の筋としてありえるかもねえ。


GREEN LANTERN:REBIRTH


初のグリーンランタン本です。
ジャスティスリーグで少しだけ知識はあったのですが、やっぱり一回読んだだけではちょーっと全部は把握しきれなかったところもあります。
ですが、二回目読んだらすごく面白くかったです。ジャンプみたいな熱い展開が魅力ですね。
だから個人的にグリーンランタンは日本人受けしそうなストーリーだと思います。

このグリーンランタン:リバースは二代目グリーンランタンのハル・ジョーダンがパララックスというすごく悪い生き物に乗っ取られて命を落とすんですが、そこからスペクターが依代として最終的には再びハル・ジョーダンとして復活するお話です。
パララックスうんぬんのくだりは一切出てきません。知ってて当然というでしょというところ。まあ話せば長いし、私もニコニコ動画でThe Parallax Prominenceというタイトルの動画見て浅ーく理解したのでみなさんも是非。

あとまたこの話に出てくるバットマンが超嫌な奴なんですよ。(ていうかバッツが出るからこの本買ったという不純な動機)
ネタバレになるかもしんないですけど、ハルがランタン隊とともに今からパララックスと対決するぞって時に、バッツが邪魔してきて「私の目の黒い内は~」のくだりがバッツ大好きな私でもうぜえと思った。
グリーンランタンになれるのは恐怖を恐れぬ者が条件なんですよ。でも、バッツは恐怖で犯罪者を脅すのが信条じゃないですか。だから根本的にハルとブルースはあわない。
いいですよね~wwハルブルww

Justice League:Earth2(逆転世界)


逆転世界はアース3じゃないのかというにわかファンからの素朴な疑問がありますがまあそれはいいや。
スーパーヒーローも世界が違えば極悪人になるんです。そこが何でもありのアメコミの面白さですよね。
ということでこの話はジャスティスリーグの面々が反転世界の自分たちと接触するお話。
向こうの世界では
スーパーマン→ウルトラマン
バットマン→オウルマン
ワンダーウーマン→スーパーウーマン
グリーンランタン→パワーリング
フラッシュ→ジョニー・クイック
と、名前も違います。彼らの総称もJLA(ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ)ではなくCSA(クライム・シンジゲート・オブ・アメリカ)になっています。

あと、生い立ちも正反対です。
例えば、オウルマンはトーマス・ウェイン・Jrでブルースの兄弟です。
小さいころに母親とブルースが殺されてしまい、それを父親のトーマス(反転世界ではゴッサム市警の本部長)の所為だと逆恨みし、オウルマンとしてゴッサムを荒らしています。
今考えたらトーマスJrはブラコンだな。
このオウルマンは殺しも平気でします。の、上に頭もいいんですから厄介ですね~。


話を元に戻して…
反転世界から来た超善人なルーサーに、世界を変えてくれといわれJLAのメンバーが向かって頑張るんですが、世界っていうのは必ずバランスが保たれていなければならないらしいんです。
なのであっちの世界にいったことでそのバランスが崩れちゃったわけです。
それでCSAがもとの世界に来てしまい、アメリカは大混乱になってついには反転世界の地球と元の地球が衝突しそうになります。
それでJLAは反転世界ではいくら自分たちが善の行為をしてもそれが悪い結果にしかならないことを認識し始めてとにかく衝突して共倒れだけは避けようと向こうの世界を諦めます。
で、最終的には黒幕のブレイニアックをスーパーマンが殺…しはしないんですが倒して一件落着というお話。

この本買って反転世界っていいなと思いまして、インジャスティスとフォーエバー・イービルは未翻訳ですが、米アマゾンさんから買う予定。その前にバットマンの梟シリーズを買います。



拍手[0回]

PR

2015年05月04日  18時39分
コメント[ 0 ]
<<つぶやき | HOME |Batman v Superman:Dawn of Justice 特報>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<つぶやき| HOME |Batman v Superman:Dawn of Justice 特報>>
忍者ブログ[PR]