忍者ブログ
フリーターの暇人日記。 頑張っていきます!!
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この投稿をInstagramで見る

The Man in Black ⚡️ Like most kids growing up, I dreamed about being a superhero. Having cool superpowers, fighting for what’s right and always protecting the people. It all changed for me, when I was 10yrs old and was first introduced to the greatest superhero of all time - SUPERMAN. As a kid, Superman was the hero I always wanted to be. But, a few years into my fantasy, I realized that Superman was the hero, I could never be. I was too rebellious. Too rambunctious. Too resistant to convention and authority. Despite my troubles, I was still a good kid with a good heart - I just liked to do things my way. Now, years later as a man, with the same DNA I had as a kid - my superhero dreams have come true. I’m honored to join the iconic #DCUniverse and it’s a true pleasure to become, BLACK ADAM. BLACK ADAM is blessed by magic with the powers equal to SUPERMAN, but the difference is he doesn’t toe the mark or walk the line. He’s a rebellious, one of a kind superhero, who’ll always do what’s right for the people - but he does it his way. Truth and justice - the BLACK ADAM way. This role is unlike any other I’ve ever played in my career and I’m grateful to the bone we’ll all go on this journey together. BLACK ADAM 12.22.21 ⚡️ Huge thank you to my friends, @jimlee and @bosslogic for this first time ever bad ass collaboration.

therock(@therock)がシェアした投稿 -


以下翻訳↓
The man in black
多くの子供たちが憧れたように、私もスーパーヒーローになることを夢見ていた。
スーパーパワーをもっていれば、正義のため人々のために戦っていただろう。10歳の時、初めて永遠のスーパーヒーローであるスーパーマンを知ったとき、私は衝撃を受けたんだ。幼い私はスーパーマンのようなヒーローになりたいと夢見ていた。だけど、そんな幻想も何年か経つにつれ、スーパーマンのようには決してなれないと気づいた。なぜなら当時の私はとても反抗的で、乱暴でしきたりや権力といったものが大嫌いだった。こんな性格ではあったが、それでも良心はあったみたいだ。それでも自分のやりたいように生きてきたけどね。
大人になった今、DNAは当時から変わっていないが、私のスーパーヒーローになる夢は叶った。
DCユニバースの映画に関われることはとても光栄なことだし、ブラックアダムを演じられることが本当に嬉しいよ。彼は魔法の力でスーパーマンと同じ位の強さを持っているからね。違いといえば地面に足がつけなくてまっすぐ歩けないことくらいかな。彼はヒーローの反逆者だけどそれが彼の生き方だからね。真実と正義ーそれがブラックアダムの生き方。この役はいままで演じたどの役とも違うからこの映画に一から参加できることに感謝しているよ。
BLACK ADAM
12.22.21
最高のコラボレーションを実現してくれた私の友人であるjimleeそしてbosslogic、本当にありがとう。


どうもお久しぶりです。(ΦωΦ)
ネットをポチポチやってたら、ブラックアダム単独映画やるという記事が目に入って配役見たらドウェイン・ジョンソンという名采配!!!
ドウェイン・ジョンソンめっちゃ好き。いい人そう・・・
ワイルドスピードースカイミッションーとモアナのマウイの歌声に惚れた。

嬉しい(ノД`)・゜・。

上に彼のインスタと翻訳したものを載せました。
最初のThe man in blackは翻訳が難しく諦めた。直訳すると黒い服を着た男だからイラストのブラックアダムのことなのはわかるんですがなんて訳したらいいんだろう?絵文字の⚡も入れるべきなのかとかいろいろ考えすぎてわからん。

あと怪しいのは" I’m grateful to the bone we’ll all go on this journey together."
the boneが骨で他の意味がないので骨組みというニュアンスで考えてみました。映画という作品を骨組みの段階から多くの人と作り上げていけることに感謝していると考えています。

英文見ていただくと分かるのですが、ブラックアダムと彼自身を重ねているように書かれているのですがそこが訳すと薄れてしまったのが残念。
あと口調がわからん。とりあえず口語っぽくしたけど、基本だ・である調になっちゃう。
素晴らしい英文でネイティブの人はみんなこんなすごいのか。

まあ話を戻して。
シャザム!!も観ました。
確かにスースクや今までの暗いDC映画より断然よかったです。
ビリーの大人verがザッカリー・リーヴァイだったのですが、もうちょっと若い俳優さんがよかったなと。
ザッカリー・リーヴァイはめちゃくちゃ好きなんです。塔の上のラプンツェルのフリンがイケメン過ぎて歌うますぎてマジで好きなんですけど、やっぱ実写だと見た目も大事じゃん?
軽いノリだったのは良かったけど年齢が気になった。変身後のシャザムは18~20代半ばくらいの
イメージだから・・・ね。

あとは成長期の複雑な感情とかももう少し深く描写してほしかったなとか。

いいところもあったんですよ!!
最初いきなりラスボスのドクターシヴァナから始まるところのテンション上がるところとか。
てかシヴァナの俳優さんめっちゃ好き。酷評されたグリーンランタンのシネストロやってたよね。あと7つの大罪が暴れるところとか。
マーベルファミリーのダーラがかわいかったとか。
ラストの遊園地からフォーセットシティ全体のCGは圧巻でした。
監督がメイキングでも大変と言っていただけあります。

まあそんな感じです。とりあえずブラックアダムは絶対観る!!
皆さんも観ましょう!!
バース・オブ・プレイはどうしよっかなー。ウィル・スミスでないし映画館で見る?

拍手[0回]

PR
DCEU5作目!!
ジャスティスリーグ見てきました。
補足:えー私は相変わらず定職についていません。
以下感想↓


くssssssっそ面白かった!!
前作までのシリアス&重い路線から変更して明るいアメコミらしさを取り戻したね!!
これこれ、これだからいいんですよ。
なんと、監督のザックが今作で途中降板してマーベルの監督が引き継いだらしい。
悔しいけどマーベルの映画スタッフは優秀だなあ~。
ぶっちゃけ奇をてらってあえてあの路線にしてたんだろうけど失敗だったね。

俳優陣がどの方も素敵でピッタリでした。
特にバリー!もといフラッシュ!エズラ・ミラーさんのフラッシュ可愛すぎる!
彼のおかげでこの映画の雰囲気がガラリと変わっといってもいい。最初ステッペンウルフに怖がって逃げたくなっちゃうところがいかにもなりたての新人ヒーローらしくて初々しかった。

あとはハルがいてくれればもっと盛り上がるんだろうけど、ランタン隊…出てきたんですねえ!!これは来るな。うん、絶対ハルもでる。

意外にもアクアマンが格好良くてクソビビッた。アニメとかだとちょい役ORギャグ要員の彼ですが全身入れ墨&ロン毛&そり眉といういかにもいかにもな、どうみったって悪役だろコレ…。と、見る前は思っていましたが、普通に格好いい///アクアマンがこんなに格好いいなんて聞いてないっ!
ジェイソン・モモアさんとかいうあんなにイカつくてゴツい人なのに名前めっちゃキュートで萌えた。
今までのイメージを払拭してNEWアクアマンとしてこれから活躍してほしいです。この時点ではまだアトランティスにも行ったことがないみたいなのでまあしょうがない。あとおそらく後の妻になるであろうメラさんがくssssssっそ可愛かったんだが、アンバー・ハードさん??よしアクアマンの単独映画もみるわ。

サイボーグはビジュアル満点機能満点ですが、ちょっと冷静すぎやしないかい?とは思った。
ですが、一番年下だろうがすげえ大人びてて頼りになって凄い。「3つのマザーボックスが結合して地球がやばい?よし俺が解除したる」の精神見習いたいものです。

あとのお三方はいわずもがな。ベンバッツのおめめがつぶらでかわいかったな~。
ワンダーウーマンはもう何もかもが素敵。単独映画観ましたが、すごくよかったです。途中「あれ?私戦争映画見てるんだっけ?」という考えもよぎりました。どんなに強くて逞しいヒーローでも、その前に彼女も一人の女なんだなと考えさせられ、そしてトレバー大佐がイケメンで死に様もイケメンで私号泣。セミッシラを二人で出るところなんかおとぎ話みたいで、久しぶりに胸キュンした。
ダイアナさんは今後誰かとくっつくのかしら。そこも気になるわー。なんとなくバッツが一番可能性ありっぽい。そうだったらいいなあ。スーパーマンはありえないよね、ロイスのことで頭いっぱいだし。

そしてスーパーマン!!!完・全・復・活!!!!!
BvSからほとんど間を置いてないし意外にあっさりと復活したなー。
まあぶっちゃけ早く復活してくれないと観客も来ないだろうし。スーパーマンはDCの看板背負ってるからね。まさにメインマン。未だに復活した理屈がわかってない。あの宇宙船の羊水?みたいなのすげえ。
最初錯乱してて、みんなのこと忘れてるのにバットマンを見るやいなや「お前を知っている」からのバッツへの強烈なアタックからの顎クイで顔近!!!あーあ、またクラブル再燃だよチクショー。アメコミまた買うか(錯乱)

「切り札」って英語でbig gunっていうんやね。はえーすっごいアメリカっぽい。
その切り札はてっきりクリプトナイトかと思ったらロイス・レーン。DCEUのバッツは優しいな。

これは実写に限らずですが、ジャスティスリーグになるとどうしてもバッツは立場が弱くなるよね。アーマーを着たただのおっさんだからあまり戦闘参加させづらいし。今回もパラデーモン発見して3つの箱の意味を探って、最終決戦ではバリア破壊して雑魚を誘導するぐらいだった。まあ、だからと言って不満かというとそうでもないんだけどね。彼が弱い=ヒロイン扱いというアメコミに対する謎の方程式が私の中で成り立つからな。

そしてエンドロール。スーパーマンとフラッシュ競争してましたね。あれは確かスーパーマンのアニメ?でああいうエピソードがあった気がする。Superman Races The Flashで検索すると出るので皆さん是非是非。二人が競争すると地球何周?とかのレベルだからね。

そしてエンドロールの終わりの終わり。愛すべきハゲきたーーーーーーーー。
ルーサーさん脱獄してたんですね、さすがです。
そしてデッドショットの中の人マジスレイドさん。まんまじゃん。
あなたのスーパーマンも復活したことだし何やらまた悪だくみをするらしい。リージョン・オブ・ドゥーム結成かあ???

あ、そうそう忘れてたけど3つの箱はユニティしかけのところで失敗するんですよ。
だから、一つになってたらやっぱり例のダークサイドのお方が来るのかな?それはあとでのお楽しみ?

拍手[0回]

New52のジャスティスリーグのメンバーを紹介します。
そもそもジャスティスリーグ(正式名称Justise League of America)とは、DCコミックのヒーロー集団です。地球の平和を守っています。マーベルだとアベンジャーズとかX-MENにあたるのかな?ヒーロー単体でも面白いんだから、彼らを集めたらもっと面白いでしょと。アメリカのそういう考え方嫌いじゃないよ。アメコミ自体の歴史が長いので、メンバーが多少入れ替わってます。今回は現在進行中のリーグのメンバーについて紹介。
邦訳されているものしか読んでいないし、にわかでざっくりとしたイメージで勝手に語っているので、間違ってましたらご指摘ください。
あとは大まかなところだけ知っていただきたいです。


●SUPERMAN
(前記事参照)
●BATMAN
(前記事参照)
●WONDER WOMAN/Diana Prince
  

セミッシラという地球上のどこかにある(バミューダトライアングル辺り?)、女性しか存在しない島。そこは争いや差別もなく人間世界よりも高度な文明を持っている、パラダイス島である。そこで、母親の女王ヒッポリタと女神アフロディーテの加護の元で生まれたワンダーウーマンは、人間と神のハーフなのである。ある日、事故にあい、この島にたまたま流れ着いてしまった人間の男スティーブ・トレバ―大尉を助けたことで彼に一目ぼれし、アメリカに渡ってくることとなった。普段はダイアナという名前で、ワシントンで外交官をしている。女性ながら、戦士として育てられているため非常に好戦的。


強さと美しさを兼ね備えた、ジャスティスリーグのヒロイン。スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンの三人でトリニティと呼ばれ、DCの三大ヒーローである。
スーパーマンには劣るものの怪力の持ち主で、空も飛べる。だが、彼女の最大の強みは魔法耐性があるところ。またNew52では今のところ、スーパーマンと恋仲である。 

腕輪、真実の投げ縄、剣(たまに盾)で戦うことがメイン。透明飛行機(インビジブルジェット)を所有していて、結構よく乗っているんですが、自身で空飛べるのになんで持ってるのかは謎。疲れるのかな。


●FLASH/2代目フラッシュ(Bartholomew Henry Allen"通称Barry")

Fastest Man Alive!!
世界最速の男の異名を持つ彼は、元は普通の人間だった。
バリーがまだ幼いころ、彼の母親は何者かによって殺された。警察は父親が殺人犯だと断定し、父は刑務所送りとなった。だが父親が犯人ではないと思ったバリーは、
父親の無実を証明するために警察の科学班の研究者となった。ある日、研究をしていると激しい稲妻が彼を直撃し、周りにあった薬品も浴びてしまい昏睡状態に。目覚めた時には、どんなものよりも速く走ることが出来る最速の男になっていた。それから、セントラルシティを守りながら父親のため、戦うことになった。

フラッシュの戦い方はクリエイティブ。(ローグスの皆さん談)
・相手の周りを旋回して酸素を奪う。
・自分を高速で振動させて壁などの物体をすり抜けられる。
・音速や光速も超えられるので、別の次元への移動やタイムスリップも可能。

あの最強のスーパーマンに唯一速さで勝てる人間。(ジャスティスリーグ:誕生より)


●CYBORG/Victor Stone

元はティーンタイタンズという、三代目ロビンがつくった若者チームの一員だったのですが、
New52以降JLAにメンバー入りした新人。年齢も若いです。18歳くらい?
彼の誕生はNew52のジャスティスリーグ:誕生しか読んでないので、まあそれを読んでもらえればだいたい分かります。だからそれ以前の設定はわからないのです。浅い知識なのにすいません。自己満ブログだから許して??
地球がエイリアン(パラデーモン)に侵攻された際、爆発で体の半分以上を失う瀕死の重傷を負ったビクター・ストーン。だが、彼の父親で科学者のサイラス・ストーンは息子を救うため、まだ実験段階だった装置ではあったものの彼の失った部分を覆い、補うことに成功。ビクターの体は半分人間、半分は機械のサイボーグとして生き延びることとなった。
ちなみにティーンタイタンズ時代の彼はこんなかんじ。かわいいww

半分機械…というかコンピューターなので、戦闘以外では調べもの録画機能、地図替わりにされたりと便利屋なポジション。

●AQUAMAN/Arhur Curry

海底の王国アトランティスを統べる王。
海にまで進行してきたパラデーモンを退治していると偶然リーグの面々に出会い、そのまま仲間入り。義弟のオーム(オーシャンマスター)と王位を争った末、負けてアトランティスを追い出されたものの全てはオーシャンマスターの陰謀だと知り、再び王として返り咲いた。
彼の能力は人間より遥かに強い、テレパシーで海の生き物を操る、海の中なら速い。
王の証であるトライデントが彼のシンボル。
正直あまりスポットが当たらないのでこんくらい。
あとリーグ唯一の既婚者。子供はいたりいなかったり。
※妻のメラ・・・気の強い奥さんで、頭が上がらない。


●GREEN LANTERN/2代目グリーンランタン(Hal Jordan)

地球を含むセクター2814のグリーンランタンであったアビン・サーは敵との交戦で地球に不時着する。瀕死の彼はリングに継承者を探すよう命じる。リングはコーストシティでテストパイロットをしていたハル・ジョーダンを選んだ。ハルの恐怖を怖れない性格がグリーンランタンに選ばれた理由だが、女癖と金使いは非常にルーズ(ナンパした女の子や親友のバリーにお金を借りて返さない)。そしてリングは彼をアビン・サーの元へ連れてくる。アビン・サーの思いを継いだハルはグリーンランタンとして宇宙の平和を守る任務に身を投じる。

グリーンランタンは結構メインのキャラなんですが、New52の邦訳が出てる5巻フォーエバーイービルの時点で彼はいないので(2巻魔性の旅路でリーグのメンバーから抜けた)一番最後に紹介させていただきました。

グリーンランタンは宇宙の治安を守る宇宙警察みたいなもの。他にも3000人以上のランタン隊がいる。彼らの武器はリングで、自身で想像したモノ(武器、乗り物、生き物など)を具現化できる。

リングのエネルギーは24時間でバッテリーが切るので、惑星オアにあるセントラルパワーバッテリーでチャージをしなければならない。(インジャスティスではオアまで行かなくても地球に充電できる場所が何か所かあった気がするのでよくわからない)エネルギーは緑色の光なのでその正反対の色である黄色には効かない。リングには全宇宙の情報が記録されている。

・リングをチャージするときの決め台詞
"In brightest day, in blackest night,
輝ける陽の下も、漆黒の夜の闇も、
No evil shall escape my sight
わが瞳悪を許さじ、
Let those who worship evil's might
悪の力を崇めるものよ
Beware my power... Green Lantern's light!"
畏れよ我が光、グリーンランタンの光りを!

グリーンランタンは補足すると、グリーンの他にも8色の光があるらしい。ほーん。
(私はレゴバットマン3で知りました。)

拍手[0回]

スーパーマンvバットマンの映画ついに!!!
テレビ版と第二弾解禁ですね。

テレビ版感想

いきなりバッツが縛られてるところ。毎度のことですね。
そのあとスーパーマンが手下?を跪かせ派手に登場。もう完全に悪い人じゃん。
で、バットマンのマスクを剥ぎ取ると。え、何このエロ同人。
もうCMで流していいんだよ?ん?(^ω^ ≡ ^ω^)
はよ。この映画は私に対するDCの挑戦状ですね。
もう腐った人にとっては、このあとエロい展開しか思いつきません。
完全に週七で映画館決定~。暇人フリーターだから出来ることだねww


トレーラー第二弾


カヴィルさんのクラーク本当に好き。
しょっぱなからお互い煽ってますね。正体わかってんのか?

そ・し・て…レックスルーサーキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - !!
え、超テンション高い。お前こんな奴だったっけ?
レックス役のジェシーさんが楽しそうで私も楽しいww

前作のバットマンの続きじゃないから、バットマンは2代目ロビンが殺されたあとなんだね。結構バットマンは活動して、時間は経ってるのね。たまに混同する。

あとレックスの煽り文句っていうの?本当テンションアガる。
「Son of krypton versus Bat of Gotham!!」好き。

だがここで悲報。ロイスが劣化。
まだマンオブスティールの時は「ん~~~」程度だったけど、え・・・。
いや、mまあアレダヨネ。映り具合にもよるじゃん。大丈夫、まだ慌てる時間じゃない。

そしてまさかのドゥームズデイさん登場。多分ドゥームズデイ。
でも、あいつ目からビームなんて出したっけ?
ダークサイドかなとも思ったけど、だったらオメガビームだからやっぱ違うよね。
バッツにしてみれば、スーパーマン、ドゥームズデイと地球外生命体続きで災難ですね。

バットマン、全身映るとやっぱスタイル悪いんだよな~。
肉厚でいいんだけども、ベンさん顔でかっ!!
いや、ブルースの時も風格はあっていいけどね。
ちょっと、バットマンとブルースに対する愛が強すぎて、すまんな。

そしてワンダーなウーマンさんキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!
かわいいww紅一点!!
三人並ぶとやはり壮観ですな。トリニティいいね。
でも、やっぱりヒロインはバットマンに見える不思議。なんなんだろうね。変態かな?
どうでもいいけど、ワンダーウーマンの盾がキャプテンアメリカの盾にしかみえない。

もう楽しみで仕方ないんですが。3月とか待てないんですが。
はよ。CMだけでもはよ。放映して。(腐女子の心の叫び)

拍手[0回]

前回書いててめちゃ楽しかった。完全な自己満足です。
ですが、スーパーマンのコミックは2つしか読んでないのでバットマン以上に知識不足。
というかほぼスーパーマンしか知らない。

SUPERMAN/Clark Kent/Kal-El

クリプトン星という高度な文明をもつ惑星でカル=エルは生まれた。
だが、科学者であり彼の生みの親であるジョー=エルは、この星が崩壊間近であることを知り、息子にクリプトンの未来を託し、彼を地球へ送った。その直後、クリプトン星は崩壊した。

宇宙船はアメリカのカンザス州スモールヴィルに落ち、まだ赤ん坊のカル=エルはトウモロコシ畑を営むケント夫妻に発見され、クラーク・ケントとして大切に育てられた。次第に太陽の光を吸収することで人間にはない特殊能力を発揮することに気づき、自分が異星人であることを知る。(ここら辺はヤングスーパーマンというドラマがあるので皆さん是非。私は見てない)
 
成長した彼は、メトロポリスという大都市でデイリープラネットの新聞記者になる。(デイリープラネットはウェイン・エンタープライズの傘下です!!)そして同時に、これらの能力を地球を守るために使っていこうとスーパーマンとして、活動を開始する。
彼の戦い方は、悪を倒すというよりも、悪から弱きものを救う感じ。
地球上で最も強く、最も正しい心の持ち主。


普段はよれよれのスーツに眼鏡を掛けた、地味で堅実なクラーク・ケントを演じている。
クラークさんが地味であればあるほど、スーパーマンは輝くんだよなあ~。

スーパーマンの能力
・スーパーパワー・・・明確な定義はないが数十億トン、小さな星なら軽く動かせる。
・鋼鉄の男・・・鋼鉄と同じ強度がある。
・透視能力(Xray-Vision)・・・鉛以外のすべて物質を透視出来る。
・ヒートビジョン・・・目から放たれる、どんなものも一瞬にして溶かすことの出来るビーム。
・超聴覚・・・地球上のあらゆる声や音も聞ける。
・飛行/俊足・・・明確な定義はないが最大で地球を逆回転させて時間を巻き戻すことも可能。
・スーパーブレス・・・肺で空気を圧縮して相手を吹き飛ばしたり、凍らせたりする。
(・記憶を消す・・・昔の映画限定で、ロイスに正体がばれたが、彼女にキスすることでその部分の記憶だけ消したという謎能力があった。以後ネタにされてる。)


一見無敵…というかもはやチートですらあるスーパーマンだが、彼にも弱点はあります。
まず一つは、クリプトナイトという緑色に光る鉱石。長時間浴びると、最悪死に至る。
これを浴びると力がでなくなり一気に弱くなります、バットマンでもワンパンで倒せます!!

スーパーマンはバットマンのこと信頼しているから彼に婚約指輪という名のクリプトナイトの指輪を渡しているんだ!!┌(┌^o^)┐ホモォ
あとバットマンは万が一に備えて、クリプトナイトを見つけ次第、勝手に回収してる。かわいいww

二つ目は赤い太陽の光。この環境下だと地球人と同じになってしまう。
三つ目は魔法。魔法を使うキャラはアメコミ世界ではかなり強いので、スーパーマンも役に立ちません。催眠術とかすぐにかかりそうだもんね。

決め台詞というかよく出てくるフレーズも紹介。
"This is a job for Superman"
(これはスーパーマンの出番だな)
"Look up in the Sky! It's a bird!...it's a plane!... No,It's Superman!!!"
(空を見ろ!鳥だ!飛行機だ!いや、スーパーマンだ!)
"Faster than a speeding bullet! More powerful than a locomotive! Able to leap tall builduing in a single bound!"
(弾よりも早く、機関車よりも強く、高いビルもひとっ跳び!)


Lois Lane

デイリープラネット社の優秀な記者。クラークの同僚。
気が強くてどんな危険な現場でも取材に向かう、記者の鏡。
スーパーマンに助けられるヒロイン。作品によって容姿も変わる。スーパーマンに恋をしてたり、してなかったり。クラーク=スーパーマンだとは気付いてない。
アニメのロイスは好きだけどNew52のロイスは嫌い。

Jimmy Olsen

デイリープラネット社のカメラマン。クラークの同僚。
クラーク以上に冴えなくて、ペリー編集長にいっつも怒られてる。
スーパーマンの親友で、スーパーマンから渡されたシグナル・ウォッチで、何かあればすぐに助けを呼ぶことが出来る。こちらもスーパーマンの正体を知らない。

Lex Luthor

スーパーマンの宿敵。愛すべきハゲ。個人的に一番好きなヴィラン。
レックス・コープの社長であり、自称の天才的な頭脳(本当に天才だよ)と莫大な資産を使ってスーパーマンを倒そうと企む野心家。
一時期はアメリカ大統領にまで登りつめたが、その後失脚。
ジャスティスリーグに対抗するLegion Of Doom(悪の軍団)のリーダー。
彼がスーパーマンに固執する理由は、単にいつも計画の邪魔をされるからとか、いつか人類の敵となるだとか、奴の存在で市民は何もしなくなってしまったなど、様々。

この人作品によっては超絶善人になるから困る。(反転世界、インジャスティス etc)
絶対的な力を持つスーパーマンに無謀にも立ち向かうあたり、バットマンと似たものを感じる。

拍手[1回]

プロフィール
HN:
桐原
性別:
女性
職業:
フリーター
趣味:
アメコミと絵
自己紹介:
今はアメコミが好きな大卒フリーター。
嫁はバットマン!!
将来はアメコミの翻訳家になることが目標。
そのため英語を勉強中…。

私の人間性を一言でいうと、クズです。
あ、あと私は腐女子です。
PASS
パスワードのみ私の好きなヒーローを半角英字で入力。
ランキング
人気BLOGRANK ブログランキング・にほんブログ村へ

Copyright (c)Fly Away All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]